診療案内

禁煙外来 Smoking cessation in outpatient clinic

HOME >  診療案内  > 禁煙外来

喫煙による健康被害やタバコ代を考えると、禁煙補助薬を保険診療で処方、内服すれば、ほとんどの喫煙者でタバコの本数が減るので、はるかに経済的です。タバコを吸い続けると、肺がんや慢性呼吸不全のみならず、脳、心臓、胃腸などのさまざまな病気の危険性を恐ろしく高めます。加熱式タバコも有害です。

当院の禁煙外来では、禁煙治療薬の院内処方ができます。保険診療で処方ができるのは3ヶ月間です。喫煙の害と「禁煙」の重要性について、正しい理解をうながすために、わかりやすく動画で学ぶ下の写真のようなシステムを導入しております。禁煙外来初診時にご覧ください。本人のみならず、周りのヒトの健康のためにも、ぜひ禁煙を成功させ、禁煙を維持しましょう。

禁煙外来 禁煙を始めませんか?
  • タバコをやめられないのは、あなたの意志の弱さではありません。

    禁煙外来

    タバコをやめられないのは、意志が弱いというよりは、「ニコチン依存症」という病気になっているためなのです。

    当院では、従来のニコチンパッチやガムとは違う、新しい作用機序の治療薬、「チャンピックス」をお勧めしております。このほうが禁煙の成功率が格段にいいことがわかっています!当院では、保険での処方が3か月の間できますが、保険診療を受けるには、以下の要件が必要です。

    (1)ニコチン依存症と診断されること、(2)1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数が200以上。(3)1ヵ月以内に禁煙を始めたいと思っている。(4)禁煙治療への同意です。ただし、2016年4月より35歳未満の若い喫煙者には、(2)の200以上でないといけないという要件がなくなりました。

禁煙外来の治療の流れ

  • 初診時に喫煙状況、禁煙の関心度などを問診され、呼気中(吐き出す息)の一酸化炭素濃度の測定、ニコチン依存度を判定されます。また、禁煙の意思表示としての「禁煙宣言書」にサインをします。
    禁煙補助薬の作用、副作用の説明を受け、処方となります。

  • 初回から2週間ごとに再診が必要となっております。
    喫煙状況の確認、呼気中の一酸化炭素の測定とともに、出現した離脱症状の確認や対処法などのカウンセリングや治療、禁煙補助薬の処方継続を受けます。

  • 12週目の再診が保険診療としては最終です。3ヵ月以内での禁煙成功が目標です。
    それ以上に禁煙補助薬をご希望の場合は自費負担になります。保険での処方を再び受けるためには、1年以上期間をあけなければならないことになっています。

  • 地図



    医院概要/地図はコチラ ※地図画像はクリックで拡大できます
    坂出駅南約800mです。住所:〒762-0038 香川県坂出市笠指町4-28
    4-28 Kazashi-cho Sakaide-city Kagawa, 762-0038 Japan
    TEL:0877-46-5501  FAX:0877-46-5210
    google マップでの表示はコチラをクリック。※別ウィンドウで開きます
    院長(誠)神経内科外来は午前のみ。名誉院長(昭郎)が午後の診療を担当